効果的な方法は

予防策を考える

風評被害対策で一番有効なのは、予防することです。
火のないところに煙は立たない、というように、誤解を与えるような言動を避けることが得策です。
具体的には、SNS利用時には誤解を与えない表現の言葉を選んで使うように気を付けるべきです。
言い回しも柔らかくして、キツい印象になるのを避けましょう。
画像や映像も使用することがあると思いますが、見る側が悪い印象を与えないか確認して使用しましょう。
極端に言ってしまえば、情報を発信しなければ問題も起こりません。
しかし、商品を売ったりサービスを提供する以上、消費者である顧客が必要で、彼らの情報発信については止めることができないのです。
それなら、正しい情報を好意的に発信して、悪い噂に振り回されないようにしておくことが一番の予防法なのです。

かえって宣伝効果が

良くも悪くも、風評被害を受ければ印象が強く残ります。
ひょんなことから事態が好転し、大きな宣伝効果を得ることもあります。
身近な例では、企業ではなく芸能人でしょうか。
被害を受けてもその対応次第では、かえって好意的に受け止められることがあります。
一度火がついてしまえば、印象が覆るのも早く、今までのネガティブイメージは何だったんだというほど、印象ががらりと変わるのです。
芸能人の炎上商法とちょっと似ているかもしれませんが、情報や人の思惑を操作できるわけではないため、風評被害を覆すことはなかなかハードルが高いものです。
確実に噂を消すことができるのは、確固たる証拠を示すことですが、それすら真実か疑う風潮になってしまうと、これはもう対処のしようがありません。


この記事をシェアする