SNSと上手に付き合おう

当たり前に使われているSNS。 自分が全く関係ない生活をしていても、風評被害にあう可能性はあります。 避けて通れないSNSが簡単に生み出す、困りごとです。 SNSは諸刃の剣です。 利点があれば欠点もあります。 理解して、回避できる方法を考えてみましょう。

効果的な方法は

乱暴ですが、トラブルにならないよう関わらないのが一番です。 しかし、そうはいかないのが今のソーシャルネットワークの普及状況です。 知らないところで、知らずに広がる噂。 だったらいっそ賢く使い、何事にも注意を払うのが一番確実な方法。 具体的にはどうしたらいいでしょうか。

最小限に抑えたい

注意を払っていても、思わぬところが被害の種になることもあります。 そうなってしまったら、被害を速やかに最小限にとどめるように動かなければいけません。 また、最悪の事態を想定して、いくつか打てる手を考えておく必要もあります。 深刻な問題になる前に、なんとかしたいものですよね。

生活に溶け込むSNS

SNSは今や強力な情報伝達ツールになりました。
良い情報も悪い情報も、嘘も本当も瞬く間に広がり、話題になったり炎上したりしますよね。
リアルタイムで誰もが情報発信できるという事は、いろんな意味で「強い」という事です。
企業はその強みを利用して、商品やサービスの宣伝活動に使用することも普通になっていますよね。
SNSが起点になって、流行ったり話題になったりすることはとてもいいことですが、逆効果になることもよくあります。
企業は商品やサービスなど、宣伝目的で活用したつもりが、風評被害となり、結果困ったことになるケースも。
個人と違ってイメージが大切な企業。
一度悪い印象が付いてしまうと、最悪な事態を招くこともあるわけです。
また、こちらが意図しなくても、悪意のある人が嘘を拡散し、トラブルになることもあります。
多くの顧客が利用する、購入するという事は、それぞれに印象や感想が発生するわけですから、それらを気軽にSNSに投稿することもできるわけです。
気軽に情報を発信、拡散できるという事は、それだけのリスクを伴います。
悪いイメージを持つ情報が広がってしまうと、訂正や反論ができなくなってしまいます。
それに、トラブル中の対応によっても、更に悪いほうへ行ってしまう例は、過去にたくさんありました。
では、そんなSNSをどのように使っていけばいいのでしょうか。
上手に使えばその効果は絶大ですから、是非利用したいものです。
気を付けたい点を考えてみました。